トレーナー・スタッフ紹介TRAINER & STAFF INTRODUCTION

ホーム > トレーナー・スタッフ紹介 > トレーナー・スタッフ紹介08

支援員

中村 雄太郎NAKAMURA YUTARO

事業所:あるく川名

自分が直接かかわることで利用者さんに何か貢献できる

自己紹介

普段は利用者さんの支援であるとか、またはイベント等に一緒に参加したりしています。

趣味・休日の過ごし方

そうですね、たまに一人旅でもないですが、同じ県内でどこかフラッと出かけてみたりとかしています。あとはテレビのバライティ番組とかをゴロゴロしながら見ていますね(笑)

仕事内容

あるく川名が就労継続支援B型というサービスをしています。川名では、利用者さんに実際にお仕事をして頂いているんです。具体的には古本クリーニングや、外から頂いた請負作業を。僕らはそれらをよりよく改善できるように支援させていただいています。 請負作業ですと、健康診断キットを利用者さんといっしょに作ったり、本ならば一緒にクリーニングを確認したりしています。

この仕事に就いたきっかけ

大学で就職活動をしていて、丁度、障がい者福祉というのを勉強していたんです。自己実現として、障害を持つ人とのかかわりのある職につきたかったんです。そこでこのカタリストにご縁がありました。カタリストでは仕事とプライベートという部分を重視されていたので、それは支援にも役立つものだと感じて、カタリストの在り方に惚れて選んだんです。資格は社会福祉士をとっています。

やっていてよかったこと、やりがい

利用者さんの成長ですね。利用者さんのビジネスマナー訓練の中でビジネスマナーに関する訓練がありました。その後に実際に電話をする機会があったのですが、その訓練で教えた敬語等を使って実際に利用者さんが対応していたというエピソードがあったんです。自分が直接かかわることで利用者さんに何か貢献できる…そういう面はとてもやりがいですね。

どのようなところが面白いか

最初、社会福祉施設っていうのは施設の中で支援をしているという部分だけなイメージだったんです。
だけど、ここは他のイベントや他の福祉施設と交流を持たせていただける。また営業や募本回収などで地域の人たちと関わりあって、幅広い支援ができるというのは、とても面白いです。自分が施設の中だけで完結しないという面でも、利用者さんが外の人とコミュニケーションをとっている場面をみると嬉しいですし、そうできる環境があることがとても面白いなと思っています。

自分の事業所の魅力

川名の魅力というと、事業所自体がお店になっているところです。川名は一日の業務というのが、実際のお店の業務に近い。店内準備からお金の計算まできちんと仕事訓練としてできること。また、川名は就労継続支援B型ですが、就労移行支援と大きく違うわけではなく、スタッフと利用者の距離が良い具合にとれています。川名は元々就労移行支援もしていたので、その知識を活かして単純に居場所作りという就労継続支援B型ではなく、就労支援を視野にいれた就労継続支援B型という形の部分が魅力です。

これからの自身のテーマ・目標

私は自分の仕事の組み立てっていうのが苦手なので、一日・一週・間一か月ごとに先を見据えた行動ができるようになりたいです。自分が仕事で今何をやっているのか…というところを明確にして、利用者さんを自信をもって支援できるようになりたいです。
また、社会のルールとしてやるべきところはやる…というメリハリの部分を鍛えられるようにしたいところです。

ページトップへ戻る

© 2017 catalyst Inc. All Rights Reserved.