トップページ 事業者様へ
事業者様へ

1:法定雇用率

日本では、障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)により、下記の様な事が義務として規定されています。


障害者と一口に言っても、何が出来て何が出来ないか、何が得意で何が苦手かは人によってあまりにも違います。
一人ひとりを見れば、何が得意なのか、どのような配慮が必要なのかは全く違うのです。それを見極め、就職を希望される障害者の方、一人ひとりについて最適な働き方を、障害者ご本人と企業様の双方にご提案することがカラフルの役割です。

こういった丁寧なマッチングとフォローアップを省略してしまいますと、雇用された障害者、そしてそれを受け入れる部署の方々、どちらにも強いストレスが発生し、業務の効率は低下します。 また障害者が離職してしまうことにもなりかねません。
障害者雇用をお考えの企業様は、是非、専門スタッフを豊富に揃えたカラフルにご相談下さい。

2:障害者の雇用を企業戦略に活かすための専門的な知見を提供します。

カラフルには障害者雇用に精通した2名の社会保険労務士が在籍しており、障害者を雇う際の人事面での各種の実戦的なノウハウを企業様に提供しております。
単なる職場内での「合理的な配慮」に留まらない、障害者を雇用することによる社内・社外での新たな価値創造の方法を提案致します。
社内的には、たとえば障害者の雇用をきっかけとした、職場内の意識改革や働き方改革による士気の向上を狙うことが可能ですし、対外的にはCSRや求人戦略に結びつけた企業のブランディングへの活用も考えられます。

企業様向けFAQ

Q1:カラフルの利用者を採用する場合、採用前に実習で相性を見ることは可能?

A1:実習時からカラフルのスタッフがきめ細かくフォローアップを行い、適正を見極めます。

Q2:障害者を新しく雇う場合、その人のために新しく仕事を考える必要がありますか?

A2:弊社スタッフが御社の業務フローの観察、分析を行い、紹介予定の利用者の特性に合った業務を切り出し、前工程と後工程との繋がりやコミュニケーション方法と併せてご提案致します。

Q3:障害者の方々は、具体的にはどんな業務ならお願い出来るのでしょうか?

A3:人により千差万別なのですが、データ入力などの軽作業、ワープロソフトや表計算ソフトを用いた業務、ウェブショップの管理運営、グラフィックソフトを用いた画像コンテンツ制作など、多岐に渡ります。

事業者様へ
あるく就労支援
@colorfulpeoplejp